脱毛時に痛みを緩和させる

脱毛時に痛みを緩和させる

脱毛時に痛みを緩和させる ムダ毛の処理をスムーズに完了させる方法として、人気が高くなってきているのが医療クリニックで受けることが出来る医療脱毛施術です。
一般的なエステサロンや脱毛サロンで行われているフラッシュ脱毛とは異なり、医療機器である医療レーザー脱毛マシンを導入し、医師のカウンセリングを行った上で肌質や施術部位に合わせたマシンを利用していくので、安全かつスムーズにお手入れを完了させることが出来るメリットがあります。
ただ医療脱毛は照射威力が高く、脱毛効果が高い半面施術時に痛みが伴うデメリットがあります。
最近では痛みの緩和された最新鋭の脱毛マシンも登場していますが、施術部位によっては強い痛みを感じてしまう方も少なくないのです。
そこで脱毛の痛みを減らす方法として、医療機関では麻酔処置を受けることが可能です。
麻酔クリームなどは施術部位に使用することで、痛みを緩和させることが出来るメリットがあるので、どうしても痛みが我慢できないという方におすすめです。

医療脱毛に使用するクリームは個人で輸入できる

医療脱毛に使用するクリームは個人で輸入できる 医師の立ち会いの下でおこなうことができる医療脱毛は、その資格ゆえに強力なレーザーを使用することができます。
ただその代わりに肌に与える刺激も強くなるため、痛みを伴いやすくなります。
そのためにおこなえる対処方法は冷却がひとつですが、医療脱毛ならではのものとして麻酔という選択肢があります。
麻酔には患部にクリームを塗るタイプのものと、口から吸引するもの、注射する局所麻酔の3種類に分かれます。
そしてクリームは医院で処方されるものだけでなく、自身で輸入することも可能です。
それ単体であれば使用するのに特別な資格は必要ないので、自身で脱毛したい時に使用しても問題ありません。
その仕組みは肌から浸透して神経を麻痺させるもので、塗ってから数時間効果が持続します。
種類はひとつだけではなくメーカーによって複数売られている上に、ジェネリックタイプまで存在するので、個人で手に入れる場合は信頼できるルートを使用しなければなりません。